カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
空蓮庭
HOME > 文山包種
bunzanhousyu

台湾茶を代表する4大銘茶の一つに君臨する烏龍茶です。

文山包種の起源はとても古く、中国の安溪茶にルーツがあると言われています。
150年前に福建省泉州府安渓県出身の王義程氏が製造方法を伝えたそうです。

武夷山の岩茶の製造方法を模倣して作り出しました。
このお茶は紙で包み、その上から店印を押したことから「包種茶」と呼ばれるようになりました。

また文山包種は現地ではその名前から縁起の良いものを連想し、特に受験シーズンの贈り物などに最適なお茶としてもよく知られています。

包種茶は文山地区で産出されたものが最高と評価されています。

発酵度も8%〜15%と烏龍茶の中では一番軽発酵なのが特徴です。
花香=蘭の香りが清々しく、長く続きます。また鼻に抜けた後、甘味の余韻が長く続きます。

2011年の文山包種は香りがものすごく豊かでおすすめです!

商品一覧

該当商品はありません