カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
空蓮庭
HOME > 【新茶】梨山高山烏龍茶【炭焙】
梨山高山茶炭焙

【新茶】梨山高山烏龍茶【炭焙】

標高2000m以上の高山で生産されるこのお茶は、高山茶の中でも最も高級と言われる茶葉の一つです。

1980年代に開発された歴史の比較的新しい茶葉ですが、高山特有の気候に恵まれて、今では高山を代表する銘茶に君臨しています。

この山で栽培される茶園は、標高が2000メートル以上でとても高い場所にありますので年中霧が発生し、また日照時間が少なく、雨も多い事から茶葉が大変やわらかく、肉厚に育ちます。
           
梨山炭焙 梨山高山茶
(左:2012冬茶 梨山高山烏龍茶炭焙 右:2012年冬梨山高山烏龍茶清香)
*炭火焙煎をしているので、茶葉も黒みを帯びています。葉は柔らかく、手にとるとふっくらとしていますが、繊細ですぐに破れてしまいます。)


葉が柔らかく、肉厚な茶葉
は、味わいも大変まろやかで渋みや苦味が少なく、甘味が豊かな証拠になります。


通常お茶は製茶を1日で仕上げるのが基本です。

梨山のような標高2000m以上の高山で1日で製茶を仕上げるとなると、登り降りの時間が高山であればあるほどかかるため、茶摘みの時間が低地よりも限られていきます。それにより、1回にとれる量はそれだけ限られていきます。

その希少価値が高い梨山高山茶をさらに手間ひまをかけて炭焙を製茶しました。

炭倍とは、炭火焙煎の事で、台湾の伝統的な焙煎方法です。
炭で焙煎する事により、炭の香りで茶葉が独特の風味をなしていきます。

また梨山は、茶園の他にも梨や水密桃といった果樹の産地でもあり、 ここで栽培される茶葉は不思議な事に自然とそれらのフルーツの味わいや香りがうつったような独特の甘酸っぱい風味がが感じられます。

梨山高山炭焙

湯に注ぎ、抽出すると香ばしいシャープな香りに続き、フルーツの酸味と甘みが混ざったような甘い芳香な味わいが楽しめます。
戻り香もとても甘いです。
茶湯は透き通った明るい橙色です。

商品一覧

該当商品はありません