カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
空蓮庭

基本の淹れ方(茶壺編)

基本の淹れ方(茶壺編)

台湾茶、中国茶の基本の淹れ方をご案内します。

「茶壷(チャフー)とは??」

日本でいう急須のような役割
をします。陶器で作られているものが多く、中でも有名なのは中国宜のもの。

陶器でできた茶壷は中に小さな気泡があり、この気泡がお茶の雑味を吸い取る役割があり、陶器の茶壷で淹れたお茶は味わいがまろやかになる傾向があり、焙煎の効いたお茶や紅茶、黒茶に向いている茶器です。

ポイントは蒸らしている間にも上からお湯をかける事。
そうすることでより中の温度が高くなり味わい深い美味しいお茶を淹れる事ができますよ。

「茶壷が気になる方はこちらへどうぞ」


「基本の淹れ方」

淹れ方

・茶壷・・・日本でいう急須のような役割(詳しくは上記記載)
・茶海・・・お茶の味わいを均一にする茶器
・茶杯・・・お茶を飲む杯。小ぶりなものが主流
・茶盤・・・茶器からあふれたお湯などをうける盤
・茶杓・・・茶葉を茶器へいれる際などに使う茶道具




〇箸γ禊錣垢戮温める(茶壷→茶海→茶杯へ注ぐ)

*中国茶、台湾茶は温度が大切です、何も温めずに茶葉を淹れて蒸らすと温度は約5℃〜10℃下がってしまうため、美味しい味わいと香りを引き立つ事ができません。
必ず初めに使う茶器はすべて温めましょう。


淹れ方

淹れ方


茶壷に茶葉を入れる

茶葉の分量に関してはこちらを参照してください。

・「6大分類茶の美味しい淹れ方の目安

・「6gの茶葉どのくらい?」(参考コラム)
・「3gの茶葉はどのくらい?」(参考コラム)

淹れ方


お湯を注ぎ、蒸らす

*溢れるくらいまでなみなみとお湯を注いで下さい。
そして蓋をして蒸らします。(蓋はそっとして下さい。思いっきり蓋をするとお湯が飛び出しますので気をつけて下さいね)

蒸らし時間の目安に関してはこちらを参照してください。
・「6大分類茶の美味しい淹れ方の目安

淹れ方


ぞらしている間茶壷を温める

*茶壷の上からお湯をかける事によってより中が熱くなり、そうするとより味わい深くなります。

淹れ方

先ほど温めておいた茶杯のお湯をかけてもOK!
*(蒸らしている間に残っているお湯をすべて茶盤に捨てておきましょう。)

淹れ方


蒸らし終わったお茶を茶海へ、茶海から茶杯へと注ぐ

茶海に注ぐ事でお茶の味わいや香りが均一になります。

淹れ方

*茶海から茶杯へ注ぎます

淹れ方


Δ任あがり

おいしいお茶をどうぞ

淹れ方